読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハムスターのあれこれ

 

 ハムスター飼いたいって人が何人か居たので書く。

 飼い方や病気については調べた方が早いので、ケージや巣箱など飼育環境に関するものが中心。

 

  

☆ハムスター

 一般的な品種ならハムスターごとに値段の差もそんなにないけど、ゴールデンは大きい分、回し車やケージ、トイレを大きくする必要があるので、ジャンガリアンの方が財布には優しい。ロボロフスキーは基本的に懐かないので、そういう意味でもジャンガリアンが一番無難だと思う。

 自分は2匹同じケージに入れているけど、多頭飼いがしやすいロボロフスキーでも喧嘩してケージを分けないといけない場合があるので、はじめは1匹がいい。

 

☆ケージ

金網と水槽を試したので、それぞれのメリット、デメリットを簡単に。

 

◇金網

・メリット

 大体セットになっているので、こだわらなければ飼育環境が整いやすい。

 通気性が良い。軽い。掃除しやすい。

 

・デメリット

 金網をやたら噛むことがある。よじ登って危ない。

 床材を入れすぎると溢れる。 

 写真が撮りづらい。

 金網ケージだけ売ってることってそんなにないから、既存のケージ+自分で巣箱とかを揃えようとすると結構な出費になる。

  

◇水槽

・メリット

 飼育環境を自由に作れるし、大きさを自由に選べる。大きくても意外と安い。一通り買ってもセットになっているケージとあまり値段は変わらない。

 ガラス越しにハムスターがよく見える。

 床材をたくさん入れるとハムスターが潜って可愛い。

 

・デメリット

 重いので掃除がキツい。

 湿気がこもりやすい。

 

☆飼育環境

 巣箱は木製でかつ底が空いていないものはオススメしない。汚れやすく、洗いづらい。底が空いているものか、陶器のものを買った方がいい。底が空いていると潜ってとても可愛い。

 エサ入れも陶器のやつがオススメ。プラスチック製はすぐひっくり返る。

 床材はおがくずみたいなやつとか藁が無難。(土については下の方に補足)

 パイプは入れておくとハムスターが潜ってとても可愛いけど、掃除が面倒臭いのでわざわざ設置する必要もなさそう。

 回し車はサイレントを謳っているものでも音が気になることがある。ケージに引っ掛けるやつは結構静かなので、音が気になるなら

 エサはペレットとか穀物とか野菜。犬にチョコをあげるような人でなければ、特に気にしなくても良いと思う。うちのハムスターはペレットを全然食べずに、キャベツをやたら食べる。

 トイレは正直何でもいい気がする。結構場所を取るので注意。

 基本的に寒さに弱いので何かしらの防寒は欲しい。熱源系は金がかかるし、パネルヒーターは正直効果がねえ。自分は床材を多めに敷いたり、ケージを覆ったりしてる。

 かじり木とかは正直要らないけど遊んでいるハムスターを見るのはとても可愛い。

 

◇土について

 土はニューネイチャーランドっていう、ペット用の土を使ってる。メリットは防寒効果と脱臭、それと土に潜るハムスターが可愛いこと。デメリットは高いこと(安い床材の10倍くらいする気がする)と掃除が面倒臭いこと、あと温かい分湿気がすごくカビが生えやすいこと。全部土にするとやたら潜って回し車やエサまで埋もれてしまうし、気がついたら何かが発芽してる。書いてて思ったけどこれ本当にデメリットばかりだな。

 僕の場合は、ケージの1/3~1/4くらいを仕切ってそこだけ土を入れている。本当に砂場みたいな感じ。メリットをある程度残しながらデメリットをなくせる。

 

 

 

 特に良いオチがなかったし以上だ!