コイキングでもわかる麻雀の打ち方

 麻雀の打ち方を超簡単に書いてみました。ルールや役は超ざっくりしか書いてないのでやりながら適当に覚えてください。あくまで「打ち方」です。

 少しはわかる人は以下の記事を見たほうがいいかもしれません。

 

mayugearurun.hatenablog.com

 

 

 初心者が覚えておくべき役、つまり牌が配られた時に「何を目指せばいいか」というのはこの3種類に大別されます。

f:id:mayugearurun:20160127040817j:plain

 1列目はタンヤオ。萬子(赤い漢数字)、筒子(青い丸)、索子(緑の竹)の2~8だけを使って牌を揃えます。234のような階段でも555の(ポーカーで言う)スリーカードでも構いません。とりあえず、3枚を4組、2枚を1組揃えたらいいのです。配牌時に字牌や19が少なければこれを狙えばいいです。これはポンやチー出来てもあまりしないようにしましょう。

 2列目は役牌。中發白のいずれかを3枚を集めるとこの役が付きます。最初に1枚あればとりあえず取っておいて、もし2枚あれば積極的にポンしていきましょう。詳しくは後で説明しますが、同じ牌は4枚しかないのでもしすでに場に2枚あれば、こちらで3枚揃えることは出来ないので捨てていきましょう。役牌は他に東などがありますが、これも後で説明します。

 3列目は染め手です。見ての通り、同じ種類の牌+字牌で構成されています。これは同じ種類の牌だけで揃えることです。7~8枚あればこれを狙っていきましょう。チーやポンを積極的にして構いません。

 

 

 では、またいつものように画像で説明したいと思います。今回は実際にフラッシュの麻雀でやってみました。

 

mayugearurun.hatenablog.com

 

mayugearurun.hatenablog.com